高校生食堂

10月3日のオリエンテーションから本格的にスタートした高校生食堂。

日笠山は一次産業者として唯一の参画者となりました。


委員長の坂口氏より参画の依頼を受けたことがきっかけですが、次世代の若者に伝えたいという気持ちもあり、有難いお申し出を頂いたと考えています。


キビナゴの調理方法と揚げ方を指導しています。

地元にいると当たり前になる。東京の人も毎日東京タワーには行きませんよね(笑)


キビナゴという身近で当たり前に売られている魚を知っている、調理ができる。

この体験をもって都会に行って欲しいと考えています。


「この魚、何だろう?シシャモ??」「違うよ。キビナゴだよ。私、調理できるからしてあげる」と言ってもらいたい。その時に「甑島のキビナゴは刺し網漁で獲って、鹿児島県内で40%の漁獲量があるんだよ!」と甑島のお話もしてもらえたらなお、嬉しい。


魚離れが進んでいる世の中で鹿児島に生まれ育った高校生達には、魚を好きでいてもらいたい。

そう心から願っています。


残り1か月。

頑張れ高校生!と大人(笑)





閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示